ログホラとかの海外反応の翻訳をやってます。

ログ・ホライズン 2 EP05 クリスマス・イブ

 

 タイトル

 

()は管理人の補足です

あと、過度な批判や、ストーリー以外の話とか、ネタバレとかは

管理人の独断と偏見で出来るだけカットしてます。

 

  このエピソードを期に言ってる理由として、主人公キャラのメイン3人が全員取り乱している事だ、何時も冷静沈着な参謀シロエや冗談ばかり言う直継も慌てふためき、火の玉の中に消えて行った

 

  シロエの死に方に違和感、彼が戦っていたのは鎧のモンスターだ。だったら剣の技で死ぬはず、あれは火炎放射だった。あり得ないと言っていたし爆音が連続していた。

もしかして、モンスターが地球の現代火器を使用した?

 

 A

 

  アカツキがキル・・・

ソウジロウの顔が怖すぎた、あんな性格の奴が中学の同級生にいた。

そして主に会えないアカツキの自己不信は続いてしまった。

一瞬映ったシロエサイド、重大な問題が発生して全滅してしまったようだ。

おそらくデミグラスの野郎が何かしでかしたのだろう

無敵の殺人サムライを止める奴はいるのだろうか?

街の法律を完全に無視できる鎧、あれを脱がす方法を編み出すしかない

ここでふと疑問が生まれた、奴はシャワーを浴びるのだろうか?

隠れ家が下水なので体臭が物凄い事になっているのでは!?

次のエピソードがまちどおしい!

 

  個人的に驚いたのがアカツキ登場時の西風のメンバーのリアクション

勝手に想像してたけど、メインキャラって全員が超仲良しだと思ってた。

あのリアクションはちょっと名前と素性を知ってる人って感じだった。

 

 B

 

  あの男はどうやって衛兵の鎧を盗み出したのだろう?

 

  ↑奴は衛兵かそのメンテナンス係だ

二期の一話で衛兵の鎧にワックス塗ってた奴

戦闘には驚いた、ソウジが勝つと思った。

 

  ↑彼は衛兵で着たまま家に帰ったんだと思うよ

前期の最終話の最後に自分の武器を地面に投げ捨てて、自分の手を見つめる衛兵が映っていた。多分あの行動が何かしらの決意表明だったんだな。

 

 私の給料低すぎ

 

  何で彼は冒険者に攻撃を加えるのか、恐らく冒険者が彼に何かしたんだろうな、そこら辺の追及を待つ。

アカツキの戦闘シーンが見れた・・・何話ぶりだっけ?

 

  展開が早すぎる!もう出版書籍の3/4を超えてしまったぞ!!

 

  アキバでの出来事をより印象付ける為にちらっとレイドを見せたのは

良い演出だと思うが、来週レイドについては放送されないようだ

レイドで何があったか理解できるのはだいぶ先だろう

すこしクリフハンガーが高すぎる・・・

 

 D

 

  今回の話でログホラのメイン3人がHP0、死亡した。

こんな状況になっても何もしないキンジョウに怒りを感じる。

 

  ↑あの問題が発生しましたが私は何も悪くありませんオーラにイラつくな

だが、殺人鬼を止めるには再稼働に数十年単位の時間がかかる結界を止める

これは彼が決めて良い事ではないのは確かだけどさ

 

  次の話ではウィリアムが死ぬと見えてくる光景が出てくるのかな?

 

  なんでステータスを見たのに、犯人が大地人だと解らなかったんだろう?ヌレハの情報偽装の力を使っているのかな?

 

  ↑供贄一族だからじゃね?

 

 E

 

  ログホラのクリスマスキャロルはグロいな・・・

殺人鬼の長期的な影響が気になる、圧倒的力で大地人をねじ伏せる事が出来ると分かった大地人達は何かしらの野心を浮かべるだろうし

 

  ソウジロウは鬼の顔から笑顔に戻り、彼女に口伝を託して消えた。あれで全てが説明されたかは不明だが。ギルドの仲間を守り、先輩の後輩へ技を託した事で、死ぬ事に何のためらいもなかった事を表していたな、彼はやり切ったのだ

 

  彼女が死によって何かを得る事を祈る

 

 F

 

  正直言うと混乱している

冒険者が死ぬと出血せずにすぐ泡粒子になり消える。

先週では血が出ていて、粒子にならなかった。

でも今週だと血が出ずに粒子になった。

先週の女の子は元気にディナーを食べていた。

アニメーターが何かミスしてるのだろうか?

 

  ↑怪我すると毎回血が出ていたけど、今まで描写されていなかっただけだと思うよ

普通のMMORPGでも出血描写があるのは多いし

 

 G

 

  二人の戦いは見事だったね、そしてレイドチームの崩壊

一人のレイダーとして何が起きたのか凄い気になる

 

  殺人鬼はレベル94のサムライ、今まで出てきた大地人のレベルは30~50位だった

つまり、あの鎧は大地人のレベルも上昇させるのかな

大地人はレベルをブーストする技術を握っているのか・・・

 

  アカツキはなぜソウジロウに衛兵の鎧の事をつたえなかったんだ?

シロエなら一目見でNPC用のアイアンマンスーツだと見抜いただろうね

 

  ↑戦闘中だったしあの時点で話しても何も意味は無かっただろう

それは彼が倒すためでなく味方を守るために戦っていたと気付いたからでは?

 

  ↑犯人が衛兵の鎧を使用している、戦闘時に有益な情報だったと思う。

衛兵と表示されていなかった事が戦闘の不気味さの一つだったし

周りの冒険者へ言えば、避難も可能だった

絶対勝てないと理解し西風のメンバーは捜索を辞めていただろう

もしかしたら、鎧の隙間を狙って攻撃できたかもしれないし

 

  ↑そんな時間は無かったね

アカツキがレイネシアから話を聞いた時には西風との戦闘が始まっていた。

最後にソウジロウが退却命令を出しながら闘っていた時に、彼女は空から舞い降りたんだ。

あと彼女は対話が上手く出来ないMMOプレイヤーだ、それが彼女の魅力でもある。

ソウジロウも出陣前に自分のハーレムに「敵は自分より強い」と言っていた。

倒す事よりも逃げる事を考えた布陣で倒されそうになったのをソウジロウとアカツキで守ったのだ。

つまり殺人鬼が恐ろしく強い事を表している。

 

 H

 

  今回でソウジロウはスケベ男ではない事がわかった、もしかしたら他のハーレム物アニメの主人公の様に、超鈍感男なのかもしれない・・・

そして激しく戦える男だ、アカツキ&ソウジロウVS衛兵は見ごたえがあった。

今回のEPでもシロエに会えず、自信喪失をしているアカツキを見ていると哀しくなる。シロエと直継は最後死亡しているようだ、彼が死に死の土地で何を経験するのか、そしてどんな記憶を無くしてしまうのか、興味が尽きない

 

  現在の大地人と冒険者は大災害まで共生的な関係だった。

世界観的に少し未来の考えを持つ冒険者が永住する事になって大地人との摩擦がかなり大きくなってしまっている事はレイネシア姫の嘆きから簡単に想像が出来てしまう。

おそらく今から別々に生きる事は可能だろうが、お互いにかなりの不利益を被るだろう。

衛兵による冒険者への虐殺、この話でも出たが最悪の場合アキバを捨てる事は可能だ。しかし、経済的にかなりの傷を残す結果となってしまうだろう。

 

  色々考えさせられる事が多いが、一番は犯人が供贄の一族だった事だ。別サイドではシロエが供贄と金銭問題で戦っているし、そしてここから二つの事が推理できる。

 

1 供贄一族は内部分裂を起こしている。

ミナミが大きく関わっていると思われる、前シーズンに出てきた狼女の仕業だろう。

 

2 大地人は冒険者を街の中で殺す事が出来る

レイネシアが「冒険者と解り合えない」発言より、現在のアキバの政治機構に納得が出来ない大地人が多々いるのだろう。今後、彼らがより巨大な政治機構を建てる際に何かしらの伏線と成りえる話だ。

 

次のEPに期待するのは死へのプロセスだ。今後のログホラを考える為には欠かせない議題になるだろう。衛兵の反乱はゲーム時代のシステムの崩壊を示していたと思う、恐らくだがシロエとアカツキは今回の死にから何かしらの成長をするだろう。

 

  にゃん太のスピーチはトウヤだけでなく視聴者へ向けても語られてたね

人間は時間がたつと自身の特異性を忘れてしまう性質がある。

トウヤはタンクとして、自身の命が残りの仲間を守るために無駄にできないと学んだ。

そして、殺人現場になぜ衛兵が表れないか説明されたね、このシステムを利用すればNPCは冒険者に勝つ事が出来る。

初めてソウジロウの戦闘シーンが見れた、ここ数週間では一番の話だった。

彼がギルドメンバーを傷つけられに怒り狂う姿は衝撃的だった

次は1話から予言されていた、シロエとアカツキの再会だ、楽しみに待つ。

 

 I

 

  彼らは元の世界への帰郷を目的としている、死と殺しに慣れてしまえば変える意味がなくなってしまうだろう

 

  ソウジロウの顔には驚いたが、それを犬耳娘が言っていた、止めれるシロエとカズヒコにも驚いた

放蕩の茶会のメンバーが気になるよ

 

 きれがお

 

  狂った衛兵が冒険者を殺す事にその力を使い始めた・・・

他の衛兵は何で奴を止めないんだ?

衛兵から冒険者を守るのは仕事では無いからか?

衛兵一人の反乱でなく、供贄一族の総意で何かを試している?

奴らは問題を解決する為に行動するのでは無く、ルールを守るために

行動する奴らの様だ

もしかして、供贄一族の黄金を奪おうとしているシロエに対しての警告的な

意味があるのではないだろうか?

 

多分ステータスのノイズはシステム以外の行動を取っている証とみた

五十鈴がルディをフレンド登録しようとした時も似たようなノイズが走ていた

 

  大地人が冒険者より劣る存在という法則が崩れてしまった。

これでレイネシア姫の冒険者に対する苦悩は解消されたな。

アキバの衛兵全てが反乱を起こしたら冒険者は勝てない

この反乱はやはりシロエの動きと連動している

供贄の一族の目的は何なのだろう?

アキバとススキノこの二つの話の共通するテーマが何かあるのだろうか?

 

  殺人鬼はやはりキンジョウがシロエに与えた試練だな。

古代のルールに衛兵に勝った者と対話するとか書いてあるのだろう

 

 J

 

  供贄一族の金庫を暴きに行ってる最中に、供贄一族が冒険者を殺害

無関係ではないだろうね

 

  冒険者は死なないから、アキバの魔法陣を止めて殺人鬼を処刑するってのが正論かな

入ってくるモンスターにも負けないだろうし

 

  ↑他の衛兵が黙って無いだろう、魔法陣を止めようとする冒険者を必ず止める

衛兵は魔法陣の力で動いている、衛兵は死守するだろ、彼らは冒険者より強い

 

  ↑まて、アキバには一万五千人の冒険者がいる、彼らが一致団結すれば必ず勝てる。

なぜなら冒険者は不死だ。

彼らが死守しようとも何度でも蘇り衛兵に挑むだろう、衛兵は恐らく戦闘慣れはしてない何度も戦えば弱点も見えてくる。恐らくだがあの鎧は修理する事はできない

それに中身は大地人だ、兵糧攻めにすれば必ず勝機は見えてくるだろう

 

  ↑衛兵が戦闘経験豊富だと思うぞ

それに衛兵はテレポート能力を持っているから兵糧攻めは効かない

複数の衛兵相手では冒険者に勝ち目は無い

今回の殺人鬼にも傷は付けれなかった

  

 K

 

  ↑テレポートさえなければかなり戦局を有利にできるのに・・・

 

  ↑衛兵は常に鎧を装備してない、奴らが家にいる時を狙えば勝てる!

 

  ↑街への襲撃ってクエストはリネージュとかのPVP志向が強いMMOなら良くある事だ。真に組織化されたプレイヤー達なら簡単に衛兵の上に行く事が出来る。

ソウジは負けてしまったが彼のハーレムはバフで彼を支援し戦闘を長期化する事に成功した。

衛兵は強敵だが、アキバの一万五千人の冒険者が一丸となれば衛兵団を倒し、魔法陣を止める事が出来ると確信している。

 

 L

 

  既読者に質問!二期でヌレハ様は何時頃出てこられるのですか?

 

  座って待ってろ大地人

 

 

 

以上です。

どうやって衛兵達を倒して、街の魔法陣を止めるかの議論がありました。

その発想は無かった。

    Comments

      • 管理人's comment
      • 2014年11月23日 21:42
      • ちょっとコメント少ないので

        今、YOUTUBEからコメント探してます

        遅れます
      • パン屋さん's comment
      • 2014年11月23日 15:23
      • 5 翻訳お疲れ様です。
        次回のリアルアカツキに対する、海外の人達の感想が気になりますね。
        次回楽しみにしてます。
      • ななし's comment
      • 2014年11月19日 17:35
      • 翻訳お疲れ様です
        シロエの供贄レイドと並行しての殺人鬼騒動であるためか、供贄一族がだいぶ敵対視されてますね
        まあ一話の頑なな態度を思えば、魔法陣もすんなり止めてくれるとは思えないのも当然ですが
        姫様含む大地人の一般人がどうなるかが置き去りになってるのがなんとも
      • 管理人's comment
      • 2014年11月19日 12:00
      • クニエ一族は大地人の姫様に事情を話しましたが
        冒険者には話してません

        どんな事があってもクニエ一族は絶対に魔方陣を止めたくない
        止めるならば冒険者と戦う

        と認識されてる様です。
      • 7743's comment
      • 2014年11月19日 11:56
      • 翻訳お疲れさまです
        街攻め談義になってるけど王族が命令しても衛兵らは逆らうかもという発想なのか?

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ