ログホラとかの海外反応の翻訳をやってます。

面白かった小説家になろうの作品とか紹介

 

 works_38

 

自身が読んで面白かったWEB小説を羅列していく記事です。

前の記事で教えてもらったのをいろいろ食べてる最中です。

鉄は熱いうちに打てとよく言うので、今、なろう熱があるうちに記事を作ろうと思いました。

 

通勤、通学、暇な時に是非読んでみてください。

 

なろう熱にかかったばかりなので、「こんな古い奴、みんな知ってるよ」ってのも書いてあると思います。

 

現状、小説家になろうの作品ばっかりです、おすすめな小説とかありましたら、コメントで教えてください、どんどん追記していきます。

 

/23追記しました、追記分は赤字で表示されています。

4/8 その②ができました⇒http://flog-statue-nazetukuba.blog.jp/archives/58010090.html

 

 

あとツイッター始めました

https://twitter.com/Kaeru_Sekizou

 

 

 

 

 

 『ログ・ホライズン』 

 

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々がゲームのキャラクターとしての肉体を得た今、プレイヤーたちは高い戦闘能力、「死」からの蘇生能力を備えた英雄的存在〈冒険者〉とよばれ、この異世界で暮らすこととなる。

 

 

 

感想 

 

神作品!とりあえず読んで!布教しよう!三期まだか!?俺は信じてるぞ!

 

 

 

 『ヤマトの国の大地人』

 

エルダー・テイル日本サーバ、通称ヤマト。

あの〈大災害〉以降、3万もの〈冒険者〉を抱えるに至った、混沌の地の一つ。

彼ら〈冒険者〉は時にその圧倒的な戦闘能力で、時にその知恵で、そして時に〈冒険者〉同士のつながりで奇跡を起こす。

その奇跡は様々な形で世界を変えていく。そしてそれは今もなお、続いている。

しかし、この物語の主役は〈冒険者〉ではない。

この物語の主役は…〈大地人〉

 

〈大災害〉以降、様々な形で〈冒険者〉達と関わることになった、〈大地人〉たちの物語である。

 

 

(注意)本作品は橙野ままれ氏作『ログ・ホライズン』の二次創作です。

 

 

感想 

一部、公認化してる二次創作、こーゆうのが多いからログホラ大好き。

 

 

 

 『異世界食堂』 

 

洋食のねこや。

オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。

午前11時から15時までのランチタイムと、午後18時から21時までのディナータイム。

定休日はオフィス街が空になる土日。

ランチは1000円まで。ライス、パンとスープはお代わり自由がこだわりといやあこだわり。

猫の看板と入り口に据え付けられた招き猫の鈴が特徴っちゃ特徴の、猫好きだったじいさんが、どっちかと言えば犬派の俺に残した小さな店。

そんな、どこにでもある普通の飯屋さ。

 

…ああ、たった一つだけ。他と違うところがある。

 

毎週土曜は、週に一度の特別な客が来る営業日になってる。

定休日じゃなかったかって?そうだよ。だから、特別な日。

毎週土曜だけ、ここは特別な客を迎えるから、表向きは休み。

じいさんが始めたことで俺も詳しいことは知らない。

けど『向こうの連中』はここのこと『異世界食堂』って呼んでるよ。

 

感想 

実際にメニュー食べている時にその料理の話を読むのが好き、ホットケーキの話は百回読んだ。

 

 

 

 『蜘蛛ですが、なにか?』 

 

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することになる。クラスの中でも最底辺に位置する主人公は、よりにもよって蜘蛛の魔物として生まれ変わってしまう。ただ、異常な程に強い精神力で現状を受け止め、割とあっさり順応してしまう。これは蜘蛛の魔物になってしまった主人公が、なんやかんやサバイバルして生きていく物語である。

 

 

感想 

 

なろう熱が燃えだした原因、ニコニコで 『アイドルマスター アナスタシア 曲』 と検索しようとしたら、間違えて 『アイドルマスター アナスタシア 局』 って検索してしまい、出てきた動画を見て興味がわき、なろうで読む、ワイルドな野性味が好き。

 

 

 

 『転生したらドラゴンの卵だった~最強以外目指さねぇ~』

 

 目が覚めたとき、そこは見知らぬ森だった。

 どうやらここは異形の魔獣が蔓延るファンタジー世界らしく、どころかゲームのように敵や自分の能力値を調べることができるようだ。

 魔獣を狩ってLvアップ、〖称号〗を掻き集めて上級ドラゴンに進化!

 頭に響く謎の声が急かす。俺に【最強を目指せ】ってな!

 

 

感想

どんだけ成長しても、初期スキルの「ころがる」が有効な所が好き。

 

 

 

 『銀河連合日本』 

 

二〇一云年、日本に異星人の巨大な宇宙船が飛来した。この未曾有の事態に世界各国は動揺し、それまでの世界秩序を根底から覆す事態に陥ってしまう。……彼らは極めて友好的であったが、地球世界全体ではなく、「日本」という特定の国家のみと交流を持ちたいと言う。他の地球国家にはまったく興味がないらしい。更にはその異常なまでに発達した彼らの科学力を惜しみなく日本に公開、提供する異星人。地球の各国、特にアメリカ、ロシア、中国、EUは、異星人の日本に対する対応に世界のパワーバランス崩壊を危惧する。

 

なぜ異星人は、地球の小さな島国である「日本」に固執し、日本にしか興味を示さないのか。それには遥か昔の日本のある物語と、一人の異星人女性が関係していた……

 

 

感想 

宇宙人文明の設定が好き、こんな感じで文明を作った宇宙人がいそうって思えた。

 

 

 

 『マヌケなFPSプレイヤーが異世界へ落ちた場合』 

 

FPSというゲームジャンルをこよなく愛する青年がいた。数々のゲームタイトルをプレイし、いつしか世界大会にまで出場するほどのプレイヤーに成長した彼が今プレイしているのが《Virtual reality Multiple Battlefield》 通称VMBと呼ばれるVRFPSであった。今日もいつもと同じ様にVMBをプレイしていた彼だが、プレイ中にMAP外へ落ちてしまうと……落ちた先は、ゲーム内では見たこと無いモンスターが歩くファンタジーな世界、彼は剣と魔法のファンタジー世界に、一人落ちたFPSプレイヤーとして生きていくことを選択させられる。

 

 

感想 

今一番、ハマってる・・・銃がバレないようにFPSの近接武器を多用してる所が好き。

 

 

 

 『魔法の国の魔弾』 

 

主人公は、VRMMO型ミリタリー系ガンシューティングゲームの上級プレイヤー・渡会狩人。

 

迷い込んだのは、全く知らない剣と魔法と鉄火場に満ちた異世界。

彼を待ち受けていたのは、獣人の姉妹と悪意と戦場。

生きたくば、守りたくば――――手段は選ぶな。引き金を絞れ。

 

 

感想

銃火器の譲渡が可能で、勝利するたびに実績解除で武器が増えるところが好き。あと主人公が直情的だった。

 

 

 

 Knight's & Magic 

 

メカヲタ社会人が異世界に転生。

その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。

 

 

感想 

主人公の発想で新しいロボットがどんどん作られて、国中に普及されていく所が好き、ラノベを読んでいたのでなろう小説だとは思っていなかった。

 

 

 

 『異世界居酒屋「のぶ」』

 

古都の路地裏に一風変わった店がある。

居酒屋「のぶ」

これは、一軒の居酒屋を巡る、小さな物語である。

 

 

 

感想

 

じつは結構前から知っていたけど、異世界食堂に名前が似てて、なんとなく避けていた作品、時々店に敵が来て店を潰そうとするところが好き。

 

 

 

 『異世界料理道』 

 

 

 

津留見明日太(つるみあすた)17歳の高校2年生。父親の経営する大衆食堂『つるみ屋』で働く見習い料理人だった。ある日、『つるみ屋』は火災に見舞われ、父親の魂とも言える三徳包丁を救うべく火の海に飛び込んだ明日太は、そこで絶命してしまう。

 

 そして気づけば、そこは見知らぬ密林の真っ只中。イノシシにそっくりの野獣ギバに襲われ、『森辺の民』を名乗るアイ=ファという少女に救われた明日太は、そこが異世界だということを知る。

 

 

 

感想

未知の世界で、未知の食材を使っておいしい料理を作り、色々な民族の架け橋になっている主人公が好き。

 

 

 

 『おかしな転生』

 

 

 貧しい領地の貧乏貴族の下に、一人の少年が生まれる。次期領主となるべきその少年の名はペイストリー。類まれな才能を持つペイストリーの前世は、将来を約束された菓子職人だった。 

 容赦なく襲い来る盗賊、突然牙を剥く野獣、狡猾で腹黒い貴族達に、水も乏しく荒れ果てた領地と、少年の下には数々の苦難と試練がふりかかる。 

 美貌の次期領主は、持ち前の知略とお菓子への愛情を武器に、剣と魔法の世界を生き抜いていく。

 お菓子で笑顔を作ってみせると、幸せ溢れる領地を目指して、若きペイストリーの挑戦が今始まる!  

 最高のお菓子は最高の物語と共にある。一人の少年が世界を変える、王道スイーツ・ファンタジー!

 

 

感想

困ったことは全て料理で解決!!

的な話は少なく、魔法や剣技の技で勝利し、外交などで材料を集めたりする話、料理物で珍しいので好き。

 

 

 

 『異世界薬局』

 

 

研究一筋だった日本の若き薬学者は、過労死をして中世ヨーロッパ風異世界に転生してしまう。

高名な宮廷薬師を父に持つ十歳の薬師見習いの少年として転生した彼は、疾患透視能力、物質創造と物質消去能力などの人外のスキルを得ていた。

そこは怪しげな医療行為が行われ、薬師ギルドの独占による医薬価格のつり上げで、庶民には効果のある薬が手に入らない社会。

彼はときの皇帝に認められ、街の一角に薬局を開く。

世に蔓延るまやかしを払拭し、現代薬学に根差した真に効果のある薬を、庶民の手に届けるために。

これは、創薬チートの薬師の少年が前世の現代薬学知識を駆使し異世界人を助けながら、今度は頑張りすぎず新たな人生を送る物語。

 

 

感想

薬や医学といったジャンルで作品をかける作者が好き。

 

 

 

 『絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで』 

 

 

「働きたくない」

 異世界召喚される中、神様が一つだけ条件を聞いてくれるということで、増田桂馬はそう答えた。

 ……だが、さすがにそううまい話はないらしい。呆れられて「次の人に期待する」という神様に見送られ、桂馬はそのまま召喚された。

 召喚したのは第695番ダンジョンコアと名乗る金髪ロリ幼女。そしてなんか流れでダンジョンマスターになったけど、あれ、このダンジョン1部屋しかない上に山賊に制圧されてね……?

 はたして桂馬はいきなり詰んでるこの状況を覆し、惰眠をむさぼる働かない生活を手に入れることはできるのか?!

 

 

感想 

結構簡単に人が殺せる主人公と昔やってたゲームに似てるダンジョンバトルというシステムが好き。

 

 

 

 『人狼への転生、魔王の副官』 

 

 人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。

元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔物の気持ちもよくわかる。おかげで周囲からは知勇兼備の名将だと思われているが、実際は苦労の連続だ。

やたらと暴力に訴えがちな魔物たちを従え、すぐに文句を言う人間たちも何とかして、彼は今日も魔王軍の中堅幹部として頑張る。

 

 

感想

カッコつけたり脅したりしてるけど、結構綱渡りで物事を解決する主人公が好き。

 

 

 

 『ウロボロス・レコード ~円環のオーブニル~』 

 

「これは永遠に恋をする物語」

 伯爵家次男トゥリウス・シュルーナン・オーブニルは、現代日本から異世界に生まれ変わった転生者である。即ち、一度は死を経験した身であるということだ。自分が生まれ変わった理由は分からない、次も生まれ変われるかもまた同様。そして、何より死ぬのが怖い――である以上、死なないようになるしかない。この世界特有の力である魔法、その一種である錬金術。これを極めることで、不老不死に至れるという。彼はそのことに救いを見出し、何としても錬金術の最秘奥に手を伸ばそうと生き足掻く。たとえその為に、何を犠牲にしようとも。

 幼い頃より彼を慕う奴隷のメイド。伯爵家の家族。冒険者。奴隷。民。貴族。国。人間。人間ではない存在……たった一人の男の妄念が、数多の人生を変え、歪め、壊していく。それでもトゥリウスの歩みは止まらない。全ては、彼が焦がれる永遠へと辿り着く為に。

 

 

感想 

なろうっぽくないマッドな主人公が好き、あとぐろい。

 

 

 

 『お菓子職人の成り上がり~天才パティシエの領地経営~』

                                                     

貧乏貴族のアルノルト准男爵家に産まれたクルト。彼の前世は天才菓子職人だった

クルトは領主となり領地を豊かにしながら、前世で果たせなかった夢、世界一の菓子職人を目指す

クルトは養蜂をしたり、エルフと一緒に果樹園を作ったり、交易を行って、お菓子の材料を集める。

そんな彼のお菓子は、異世界の誰も知らない新しい味で……

特産品として売りだせば大儲け、公爵家へ出張パティシエに行って大絶賛、王都にお店を作ったり大活躍!

これは甘いお菓子と優しい人々に囲まれた幸せな物語

 

 

感想

更新早っ。

 

 

 

 『盾の勇者の成り上がり』 

 

完結済

 

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタイトルに★と付いている話には挿絵が入っています。苦手な方はご注意ください。書籍化しました。槍の勇者のやり直しの掲載を始めました

 

 

感想

異世界召喚物や異世界転生物に対する皮肉や新しい視点が書かれてる所が好き。

 

 

 

 『ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける』 


 

いじめられっ子だった無力な少年が、落とし穴を掘っていた。いじめの主犯を穴に落とし、殺すための武器も用意していた。

だが、落とし穴に落ちたのは、醜悪な豚鼻の人型生物、オークだった。

ある私立の全寮制の学校は、それが存在する山ひとつまるごと、異世界に転移する。なんのちからも持たなかった少年は偶然、モンスターを殺し、レベルアップする。

得たスキルは、付与魔法と召喚魔法。

その瞬間から、少年は無力ではなくなった。モンスターに対抗できる、稀有な存在へと進化した。

ちからを得た少年は、異世界に転移した学校で、さまざまな選択を突きつけられる。

自分ひとりで生きるために最適な召喚魔法か、それとも他人と共に戦うための付与魔法か。

少年は天秤にかける。

 

 

感想

 

結構ぐろ表現が多い、レベルアップ時、つまり戦闘中敵を倒した時か、戦闘後に時間が止まった部屋に送られて作戦会議等ができるところが好き。レベルアップ時はスキル振り分け、初期は学校スタートなので見ていて、初期武器はこれにする、このスキルを上げる、こんな風に戦うとか妄想できてわくわくする。

 

 

 

 『八男って、それはないでしょう』

 

 平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏貴族の八男という、存在意義さえ怪しい子供に憑依した彼は、幸いにも魔法の才能があったので早くに自立しようと我が道を進む。家門と領地継承も、内政無双も経験が無いから無理。魔法で金を稼いで、自由に生きて何が悪いというのか。まあ、結局人の営みで発生する柵(しがらみ)からは逃れられないのはこの世の常として。これは、そんな若造ヴェンデリン・フォン・ベンノ・バウマイスターの世界なんて救わないお話である。 ※書籍版第七巻までとコミック版第一巻が発売中です。同じく書籍化が決まった 『銭(インチキ)の力で、戦国の世を駆け抜ける。』 と共によろしくお願いします

 

 

感想

最初タイトル見たとき、俺ガイルの二次創作かと思ってしまいスルー、思い返すとなろうで二次創作ダメだったのを思い出して、おそ松さん的な何かかと思って読む。政治権力、貴族などのネトネトな世界の中で戦う主人公が結構黒くて好き。

 

 

 

    Comments

      • ログホラスキー's comment
      • 2016年05月24日 11:11
      • 読もうと思って久しぶりにアクセスしたらメンテ中…がっでむ!
      • 管理人's comment
      • 2016年05月05日 22:31
      • 再開が焼き鳥ってのがうまいですよね
      • ログホラスキー's comment
      • 2016年05月05日 21:40
      • 異世界居酒屋「のぶ」再開
      • ログホラスキー's comment
      • 2016年04月04日 16:23
      • the island warです。3部まで出ていて。第2部に当たる反撃の章はアニメ化はゲート以上に大変そうですが、ゲートのでやれない《本気で全力で戦う自衛隊》が出てきます。第1空挺団もこっちの方がすごい気が
      • ログホラスキー's comment
      • 2016年04月04日 14:25
      • RE ゼロからはじまる異世界生活、1話放映されましたね
        これはけっこう面白かった
      • ログホラスキー's comment
      • 2016年04月01日 08:15
      • なろうだと、コンドームさん(男なら一国一城)が好きだな
        中間管理職なおっさん思考があるあるで、でも転生して子供の思考に引っ張られておかしな考えになったり、あまっちょろい子供の正義感的思考じゃないとことか
        冒険者編は冗長でだれたが、戦記編?に入ってまたおもしろくなってきたし
      • ログホラスキー's comment
      • 2016年03月30日 23:32
      • まれに一年以上経ってから続きが出る事もあるしなぁ
      • ログホラスキー's comment
      • 2016年03月30日 15:50
      • 個人的には続きが来ないなら来ないでいいからさっさと終了宣言して欲しい
        続くか続かないか分からないのが一番嫌い
      • ログホラスキー's comment
      • 2016年03月29日 10:50
      • 左高例の
        イカれた小鳥と壊れた世界
        異世界から帰ったら江戸なのである
        投擲士と探検技工士は洞窟を潜る
        がお気に入り
      • 管理人's comment
      • 2016年03月24日 18:45
      • > 公式じゃなくて公認でしょ>大地人

        直しました!
      • 現在絶賛エタり中底辺なろう作家's comment
      • 2016年03月24日 08:48
      • ほんとすみません。

        いや、私なんかが言うことじゃないんだろうけど、言いたくなったので。
      • ログホラスキー's comment
      • 2016年03月23日 22:30
      • 起訴された後も再放送を続けてたから、あんまり関係なさそうだけどな。
        つか、そもそも3期をやろうにも原作が足りてないので、やるとしても当分先だ。
      • ログホラスキー's comment
      • 2016年03月23日 22:22
      • 公式じゃなくて公認でしょ>大地人
      • ログホラスキー's comment
      • 2016年03月23日 16:08
      • 俺のおすすめは、異世界ものですが、

        その無限の先へ

        クロの戦記

        といったところかな。
        まだ出てないところで。
      • ログホラスキー's comment
      • 2016年03月23日 15:19
      • 好きな作品がエタると悲しいので、いつも完結済みでランキング上位の中から好みのものを探して読んでます
        その点ここのお勧めは連載中ばかりで気になってもちょっと躊躇してしまいますw
      • ログホラスキー's comment
      • 2016年03月23日 12:15
      • 「本好きの~」は本当に面白い。4部の貴族院編からさらにハマります。
      • ログホラスキー's comment
      • 2016年03月23日 02:48
      • >7訂正

        ×ハーメルン → ○にじの彼方
      • ログホラスキー's comment
      • 2016年03月23日 01:00
      • 三期以降やらないなら、起訴された時点で再放送切ったと思うんだけどなぁ
        まぁ、あくまでも想像でしかないから、実際の所は分からんけど
      • ログホラスキー's comment
      • 2016年03月22日 22:31
      • >>8
        っていうか、テンプレがあるからあれだけ大量の人が「自分も書けるかも」と作品を発表出来るんですよ。
      • ログホラスキー's comment
      • 2016年03月22日 19:28
      • 『異次元騎士カズマシリーズ』だ!
      • 管理人's comment
      • 2016年03月22日 14:34
      • >>三期は難しい……


        西風なら…
      • ログホラスキー's comment
      • 2016年03月22日 14:26
      • NHKアニメで5クール以上作られたストーリー物は・・・
        って考えると3期は厳しいよね
      • わた's comment
      • 2016年03月22日 10:35
      • 異世界病

        自由に書いていいサイトだから、みんなが旬に食らいついてるって感覚なのかな?
      • なお's comment
      • 2016年03月22日 10:26
      • しかしまあ、そろいもそろって
        作家陣は、異世界に行かないと死んじゃう病気にでもかかってるんですかね?

        ラノベは編集部からの制約で仕方ないからやってるだけなのに、その制約がないなら自由に書けばいいのに

        ああ、作品をけなしてるわけではないですよ
        プロットが弱いと言う話なので、カン違いしないでね
      • ログホラスキー's comment
      • 2016年03月22日 03:50
      • なろうで個人的に好きなのは、冒険とりっぱー「フー」シリーズかな
        平行世界での異世界転位な為、ある意味ループ物とも言えるんで、そこら辺が肌に合わない人も居るかもしれんが

        つか、ハーメルンでやってるIS世界やマブラヴ世界やらのクロスの方が、本編より話数多いってどうよw
      • ログホラスキー's comment
      • 2016年03月21日 23:49
      • 面白そうなのいっぱい紹介してくれてありがとうございます!
        とりあえず銀河連合日本から読んでみます!
        アニメの感想翻訳も毎回ありがとうございます!
      • 管理人's comment
      • 2016年03月21日 20:48
      • 良い機会なので今更ながらツイッター始めました
        https://twitter.com/loghorizon1lov1
      • 管理人's comment
      • 2016年03月21日 20:14
      • >>獣医さん
        本の方がおススメなんですね?面白そうなので早速、チェックします。

        >>ツイッター
        ・・・じつは学生時代に大炎上を起こしたことがありまして・・・それ以来、フェイスブックやツイッターに拒否反応が・・・
      • ログホラスキー's comment
      • 2016年03月21日 19:56
      • この記事とは関係ないけど管理人さんはツイッターとかやられないんですか?
        ツイッターからも新着記事知れたら見やすいのでもし余裕があったらお願いします
      • ログホラスキー's comment
      • 2016年03月21日 19:11
      • 専門職系なら獣医さんのお仕事in異世界もおすすめ。異世界のモンスターを生物学の知識でひもといていく設定が面白いです。作者が医師免許の試験勉強のためにながいこと休載してたけど最近復活しました。web版も面白いですけど。個人的には書籍版の方が良くまとまっていて好きですね。
      • ログホラスキー's comment
      • 2016年03月21日 18:13
      • ログホライゾンの3期は厳しいだろうね
        作者さん脱税で起訴されちゃったし
        起訴されたらほぼ100%有罪みたいだし、NHKがその作者の作品をアニメ化するとは思えんし

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Trackback URL

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ