ログホラとかの海外反応の翻訳をやってます。

面白かった小説家になろうの作品とか紹介 ②


 top

 

 

前の奴⇒面白かった小説家になろうの作品とか紹介 ①

 

 

自身が読んで面白かったWEB小説を羅列していく記事です。

前の記事で教えてもらったのをいろいろ食べてる最中です。

鉄は熱いうちに打てとよく言うので、今、なろう熱があるうちに記事を作ろうと思いました。

 

通勤、通学、暇な時に是非読んでみてください。

 

なろう熱にかかったばかりなので、「こんな古い奴、みんな知ってるよ」ってのも書いてあると思います。

 

現状、小説家になろうの作品ばっかりです、おすすめな小説とかありましたら、コメントで教えてください、どんどん追記していきます。

 

あとツイッター始めました

 https://twitter.com/Kaeru_Sekizou 

 

 

 4/27 追記、追記は赤字で。

 

 

 『ログ・ホライズン』 

 

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々がゲームのキャラクターとしての肉体を得た今、プレイヤーたちは高い戦闘能力、「死」からの蘇生能力を備えた英雄的存在〈冒険者〉とよばれ、この異世界で暮らすこととなる。

 

感想 

4月に更新再開!

 

 

 『その無限の先へ』

 

いつ、どんな形で死んだのかは分からない。

前世の記憶を抱えたまま転生した先で待っていたのは、ゲーム的なシステムを持ちながら、あまりに現実的で過酷な日常だった。

現代知識も意味を持たず、転生者という立場も有り触れている。生まれた村はすでに限界村落。食べる物も着る服も、将来への希望さえもない。

現実という圧倒的重圧の伸し掛かる日常を前に、ただ生きる為の糧を求め、奴隷同然の日々を過ごす。

かつて過ごした平成日本の記憶も、全て幻だったのではないかと諦めたその時、その街の噂話を耳にした。

そこは、ありとあらゆる願いが叶う街。

そんな胡散臭い噂話に最後の望みを賭け、「せめて人間らしい生活がしたい」と低い志を抱え、少年は迷宮都市へと向かう……。

 

感想

やたら近代日本化してる迷宮都市が面白いし、戦闘描写が恐ろしく上手く、もの凄く好き。

 

 『投擲士と探検技工士は洞窟を潜る』

 

 この世界では魔法のダンジョンを作るには一旦洞窟の最奥まで到達しなければならない。報酬の為に洞窟を潜る投擲傭兵アルトリウスと、ダンジョンを完成させて住んでいた村を活気づけようとするエルフの少女エリザ。そして二人に協力するのは伝説の探検技工士であった。三人は長く続くダンジョン候補の洞窟を進み、その最奥に辿り着けるのか。お約束と魔法とアイテム作成で進むファンタジー洞窟探検小説。

 

感想

突っ込みがキレッキレで凄く好き、ダンジョンを作るために探検するってのが面白い!


 

 『クロの戦記』 

 

ケフェウス帝国の貴族であるクロノ・クロフォードには秘密があった。それは異世界……現代日本……から、この世界にやって来たことだった。ほぼチートなし、現代日本の価値観と知識を武器に目指せ! ハーレムキング! まずは千人の部下を率いて、一万の大軍を打ち破るべし!

 

感想

ガチのチート無しで知識もうる覚えの主人公が努力し勝ち上がるところが好き。

 

 

 『男なら一国一城の主を目指さなきゃね』

 

 列車事故で死亡した主人公(45歳サラリーマン)は異世界に生まれたばかりの赤ん坊として転生した。なぜか特殊なスキルも持っていた。自身の才能について検証を行い、そのアドバンテージを生かすため、二度目の人生において主人公は覚悟を決める。

 

感想

ゴムは偉大なり、偉大なり。

 

 

 『本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~』

 

本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いくら読みたくても周りに本なんてあるはずない。本がないならどうする? 作ってしまえばいいじゃない。目指すは図書館司書! 本に囲まれて生きるため、本を作るところから始めよう。※最初の主人公の性格が最悪です。ある程度成長するまで、気分悪くなる恐れがあります。(R15は念のため)

 

感想

現実の製本の歴史をなぞる様に本を作ろうとする主人公が好き、ガチな戦闘描写は少ない。

 

 

 『くま クマ 熊 ベアー』

 

世界初VRMMOをやり始めた15歳の少女のユナ。

株で数十億稼ぐ。学校に行くことも無く、家に引きこもってゲームをしている。

本日、大型アップデートが行われるを楽しみにしてインするとキャンペーンで、激レアチートの譲渡不可のクマさん装備一式を当てる。

でも、こんなのボッチでもゲーム内の装備でも恥ずかしくて着れない。

さらにキャンペーンのアンケートを答えてゲームを再開すると、クマさん装備をさせられた格好で知らない森の中にいた。

ここはどこ?神様からメール?異世界?

クマさん装備を付ければチート、脱げば普通の少女。ユナの気のままの行動が始まる。

(主人公のレベルが上がるとクマの装備が強くなっていきます。主人公が魔法を覚えるとクマの装備が魔法を覚えます。この物語はクマ成分が大量に入ってますので気を付けて下さい)

 

感想

最強なのにどこいっても初見で舐められてしまう主人公が好き。

パンプキンシザーズのハンスを思い出してしまう自分。

 

 

 『獣医さんのお仕事in異世界』 

 

とある辺境伯の兄弟ゲンカに巻き込まれ、風見心悟は異世界に召喚されてしまった。目的は”領地を栄えさせてくれ”ということらしい。つまるところ、一般的な異世界召喚モノ――そう思っていた時期が風見にもありました。

「いや、だからただの獣医なんだって」

しかしながら異世界ファンタジーをなめてはいけない。こちらはドラゴン、魔物もいれば異種族だっている。地球との差は言語、魔法、生物、宗教、常識などなど果てしない。

そんな世界でも公務員獣医さんはとりあえず解剖したり、薬を作ったり、農業を改善していこうとします。

普通の勇者とも、医者とも違う獣医としての生き方で彼は異世界でも頑張って生き抜いていきます。

 

 

感想

研究熱心な主人公が好き、結構ぐろい異世界召喚方法が印象的、作者の知識のすごさを感じる。

 

 

 『冒険とりっぱー「フー」』 

 

あるトリッパーが、トリップした時点での判断が途中分岐したパラレル作品です。

世界観は一緒ですが、どんな職業を選んだかは、各話で違いますのでお楽しみいただければ幸いです。

 

感想

オムニバスの様で繋がっている、アニメの四畳半神話大系の様な話、どんな状況でも頑張る主人公が好き。

 

 

 『とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について』

 

異世界召喚に巻き込まれた俺、向田剛志(むこうだ つよし)。

ステータスの鑑定で俺以外の3人の召喚者は職業欄に『異世界からやって来た勇者』となってるのに、俺だけ『巻き込まれた異世界人』となっていた。

スキルも聖剣術とか聖槍術とか聖魔法とかいろいろすごいのがそろっている。

それなのに俺のは固有スキルで『ネットスーパー』だけだった。

戦闘スキルじゃない俺はすぐさま役立たず的な扱いに。

しかも、召喚した国の王様の言い分がいかにも胡散臭い。

ネット小説を読むのを趣味にしていた俺は、諸々を総合した結果『ダメだ。これはあかんタイプの異世界召喚だ。』という結論に至った。

そして俺は召喚されたその日のうちに何やかや言いくるめて城から逃げ出したのだった。

 

感想

更新率が高く、テンポもよくて好き。料理物にカウントされるかもしれない。

 

 

 『この世界がゲームだと俺だけが知っている』

 

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。

その熱狂的なファンである相良操麻は、不思議な道具の力でゲーム世界に飛ばされてしまう。

突然の事態に驚く操麻だが、そこは勝手知ったるゲームの世界。

あらゆるバグを使いこなし、ゲームの仕様を逆手に取る彼は、いつしか『奇剣使いソーマ』と呼ばれていた。

 

感想

ずっと知っていたけど、なかなか手が出なかった作品、ゲームバグを使うって発想が好き。


 『10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた』

 

北条雄二、30才、無職、引きこもり歴10年。両親の死をきっかけに引きこもり脱却を決意し、家の外に出る。が、そこは見覚えのない景色とファンタジー生物が闊歩する異世界だった。これは家ごと異世界に来てしまった青年が、なぜか繋がるライフラインとネットを頼りに、愛犬コタローとともにわりとのんびり暮らしていく物語。家のまわりの森を探索中に異世界の幼女アリスを保護したユージは、食料確保のために森の開拓に取りかかる。そして異世界転移から4年目、ついにユージは初めての街を目指すのだった。※書籍化決定しました!4月25日にオーバーラップ文庫様から発売されます!詳細は活動報告にて ※基本、毎日18時投稿予定。よろしくお願いします 

感想

ネットが使える事で現実世界を巻き込んだ大騒動になっているところが好き。


 『勇者様のお師匠様』

 

 両親を失いながらも騎士に憧れ、自らを鍛錬する貧しい少年ウィン・バード。しかし、騎士になるには絶望的なまでに魔力が少ない彼は、騎士試験を突破できず『万年騎士候補生』という不名誉なレッテルを貼られ、追い抜いていく後輩たちにまで馬鹿にされる日々をすごしていた。そんなある日、勇者が魔王を倒し世界を救った。見目麗しき美少女であった勇者の動向に世界中の注目が集まる。そして勇者は世界に向けて発信した。「私は師匠であるウィン・バードの元へ戻ります」と。
この物語は落ちこぼれの『万年騎士候補生』から『勇者の師匠』になぜかクラスチェンジした少年の物語。


感想
身分の差、貴族と平民系の話の中では今のところ一番好き。



 『Vermillion;朱き強弓のエトランジェ』

 

洋ゲーVRMMO【DEMONDAL】は、非常に硬派なゲームシステムで知られている。まずレベルがない。スキルもない。ギルドもない。インベントリもない。簡易メッセージやマップの類もない。その無駄なリアリティ、最早VR生活シミュレータ。ゲームらしい要素として、武器を振るえばマスタリーと呼ばれる習熟度が上がっていき、それに伴って身体能力も強化されるが、それだけだ。ファンタジーゲームなので魔術は存在するものの、精霊と契約するのが難しすぎて、プレイヤー人口の1%しか魔術師は存在しない。そんな限りなく中世に近い仮想世界【DEMONDAL】で、騎射の達人として知られる主人公・ケイは、ある日フレンドのロシア人と共に異世界へ転移する。元々シビアだったゲームが現実化したことで、世界はさらに苛酷さを増していた――。

感想
洋ゲーの現実化ってのが上手く書けてて好き。あと結構キツイ描写有り。



 『イカれた小鳥と壊れた世界』

 

ある日突然ファンタジー系異世界に召喚された鳥取県在住女子高生、鳥飼小鳥。そして召喚した鳥召喚士サイモンことイカレさん。そのうち帰れるだろうと楽観しながらダンジョンに潜ったり日常を送ったり魔法を習ったりする、若干天然キグルの少女が送るへんてこテンション異世界日常物語。
この作品は理想郷arcadiaに投稿した同作品を改訂したものです。
なお作中に出てくる鳥取県の描写は架空の非実在鳥取であり実際フィクションです。

感想 
テンションと勢いが大好き。


 

とりあえず以上です。

あと、その①で紹介して、ずっと更新が止まっていた異世界食堂2016年の4月に更新再開しました。

    Comments

      • ログホラスキー's comment
      • 2016年05月24日 12:17
      • ②あったんですね
        気づかなかった
        ①に続いて色々面白そうなのがあるのに17時(予定)までメンテ…やはりがっでむ!
      • ログホラスキー's comment
      • 2016年05月05日 21:39
      • 異世界居酒屋「のぶ」再開
      • a's comment
      • 2016年04月24日 15:55
      • ①にリンクだけ貼ってあるけど、「八男って、それはないでしょう!」の作者による「銭(インチキ)の力で、戦国の世を駆け抜ける。」

        転生系日本歴史ファンタジーに偏見があったけど(「銭」は転生じゃなくて異次元トリップか)読んだら面白かった。以来、そっち系にはまって、今「戦国転生 八戸政栄の野望」とか読んでる。
      • ログホラスキー's comment
      • 2016年04月12日 01:42
      • フーさんは、なろうの本編より、にじかなでやってるラノベ世界への再トリップの方がハジけとるしなぁw
        ISなんて4回ほどパラレルやった上に、別にやってたMuv-Luvと途中から混ざってるしwww
        ゼロ魔だと、本編世界から嫁の一人が転生してたなw
      • ログホラスキー's comment
      • 2016年04月09日 23:17
      • なろうの異世界ものを語るスレ

        とあるスレの1000レス目で「1000ならスレごと異世界トリップ」と書き込んだところ、本当にスレ住人が異世界転位してしまう話
        話は掲示板方式で進んでいくが、これのとんでもない所はマジで1から1000までのレス全てが網羅されている事と、それ以外の描写が一切無い事w
        現在4スレまで進んでいるが、5レス目はまだ立ってません
      • ログホラスキー's comment
      • 2016年04月09日 16:04
      • 死にやすい公爵令嬢と七人の貴公子、勇者様のお師匠様、百魔の主も面白いので、おすすめですよ
      • ログホラスキー's comment
      • 2016年04月09日 13:00
      • 10年ごしの引きニートを辞めて・・・もおすすめ
      • ログホラスキー's comment
      • 2016年04月08日 19:13
      • 辺境の老騎士だけは読んでおいたほうがいい、完結してるしね

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Trackback URL

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ